東大阪市のサイト制作指導とサイト管理者を育成する会社

デジタル化応援隊制度の利用方を学びIT問題を解決しよう。

目次

小規模事業者・個人商店様 の悩み

小規模事業者様や個人商店主様は、IT関連問題で悩んでも、その解決に費やする時間と費用問題があるので、思考を止めてしまいます。

しかしながら、デジタル化応援隊制度を利用すると色々な問題を85~90%割引(15%負担)の予算で解決できます。30万が3万円に

忙しい業務の合間に、デジタル化推進の勉強をするのが負担の事業者様は、多くおられます。そんな手間や負担を解決してくれるのがデジタル化応援隊です。
次の問題や悩みが解決出来ます。

【公式】第Ⅱ期 中小企業デジタル化...
【公式】第Ⅱ期 中小企業デジタル化応援隊事業 全国の中小企業等・小規模事業者のデジタル化・IT活用を支援する公式事業です。「第Ⅱ期 中小企業デジタル化応援隊」として当事業に参加いただく、フリーランスや兼業・副業...

問題や悩みが解決出来ます。

【飲食業】キャッシュレス決済(PAYPAYなどの支払導入)、EC構築(お店のサイト作成など)、テークアウトシステム導入、など

【食料品製造業】生産品・製造商品が販売出来るEC構築(お店のサイト作成など)導入、テレワーク・テレ動画で商品配信・案内、など

デジタル化応援隊の利用手順:中小事業者用

小さな事業なら必ず登録出来ます。9月30日迄

第Ⅱ期デジタル化応援隊事業の新規...
第Ⅱ期デジタル化応援隊事業の新規登録の受付は終了致しました。 新規登録の受付は終了致しました。 | 全国の中小企業等・小規模事業者のデジタル化・IT活用を支援する公式事業です。「中小企業デジタル化応援隊」として当事業に参加いた...

上記画像部分をクリックし、登録申請を開始する。

中小企業登録フォームのここがポイント

○法人格あり ○法人格なし を必ずお選びください。

身分証明書(責任者運転免許書)

納税証明書

などのデジタル資料を提出する必要があります。

専門家を探すマッチング形式が凄い

事業者側と専門家側をマッチングする形式は2つがあります。

このデジタル化応援隊事業の1つ目の凄い所は、専門家が日本中の事業者の解決案件をWEB上で検索出来る事です。
2つ目の凄い点は、 「 事前マッチング」形式です。

この2つめの「事前マッチング 」 を利用することで事業主はWEB上での申請の多くの手間(悩み)から開放されます。
事業主は解決したい案件内容の業務委託を、知り合いの専門家に直接指名をして、行えます。

合同会社KS志
tel:09014872959

登録申請手続きからITサポート業務開始までの流れ(4段階)

1段階目:事業主側がデジタル化応援隊事務局に認定されるまでの期間
9月30日迄が有効期間です。

2段階目:事業主側が、解決案件を事務局側に提出して認定されるまでの期間です。無理な要求のある案件やITサポート以外の内容などは承認されません。

3段階目:事業主が提出し認定された案件のサポートプラン(計画書)を専門家が作成し、その内容を事務局に承諾していただく期間です。
サポートと期間が極端に短いや長い、解決策がおかしいなどのチェックが入ります。

4段階目:専門家の計画案が事務局に承認された後に、最後に事業主がその承認内容に、承認する期間です。

実際のサポート期間(業務サポートを行った履歴が必要)

デジタルビデオなどで業務中の内容を撮影する事が要求されます。

合同会社KS志
tel:09014872959

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる