サイト制作費用がお安く、サイト管理者を育成する会社

Web制作会社がおすすめ!WEB制作工程管理ツールの必要性

目次

WEB制作工程管理におけるよくある課題

WEB制作工程制作の最初の1歩は聴き取り

WEB制作期間を円滑に進めるのは、WEB制作担当者ですが、受注側と制作側の経験値は大違いの状態です。この聴き取り作業の設計が間違えると、業務の二度手間が発生するのは必須となり、お互いの信頼関係が薄れてゆきます。

さて、どうすればよろしいでしょうか?

簡単です。そのためにWEB制作工程管理ツールを使い、外部設計をしっかりする事です。

① お互いの考えを文章化し、
② 進行状況やタスクの見える化は正確表記する。

文章化をするための型番に文章やスケジュール(タスク)を書き入れる工程はとても大切な事になります。しかしながら、もっと簡単な方法はWEBサイト制作の殆どの工程をおまかせにすると制作スピードは上がり。制作側担当者の過去の経験をそのまま取入れてもらえます。
ここ、非常に重要です。

ガントチャートでタスク管理を行う

中規模以上のサイト制作には、ガントチャートなどの工程管理ツールは必須となりますが、個人経営者レベルのWEB制作でガントチャートを持ち出して、仕事量を大げさに装ったりするのは、WEB制作費用などが高くなり、あまり賛成出来ません。
正確な計画は大切ですが無理に業務量を増やすのは考えものですね。

1.各ページ毎に必要なタスクを洗い出す

①ライティング
②撮影
③素材購入
④画面設計
⑤デザイン
⑥コーディング
⑦システム設計
⑧動作テスト など

2.各タスクの工数を確認する

①誰がどの作業を担当するのか
②作業工数はどれくらいかかるのか
③チェック工数はどれくらいかかるのか

3.タスク整理をおこなう

①フェーズ分け
②類似タスクの分析と効率化

4.作業フローを決める

①「作業→確認→修正戻し」など
②最終調整期間や予備日を設定
③公開日をいつに設定するか など

制作サイト内容の聴き取りは文章化が基本

WEBサイトの内容は、デザインと文章の内容が大きく2つあります。両方を同時に進めるのも重要ですが、先ずは文章作成から行うと、WEBサイトの一貫性が整って来ます。後でデザインを向上させるのは出来ます。社内WEB管理者候補は、しっかりとサイト内の文章化を行いましょう。

WEBサイトに一貫性がないのは、最初の制作段階での方向性が間違った時です。製作会社の最初の聴き取り作業が重要です。

エクセルやワードなど複数のツールを活用して、制作サイトの細かな内容を必ず最初に文章化してください。それでも、後に文書を変更する事が多発しても、普通だと覚悟しましょう。

販売商品が在る場合の追加準備資料

プロWEB制作工程の進行管理において、関連メンバーにおけるタスク把握は非常に重要です。

これを怠ってしまうと、仕事のスケジュール変更が起きたり、相互の信頼関係が崩れてしまいます。
直前になってからWEB制作文章や写真撮影日の変更などが起きないように注意しましょう。
WEB制作工程の進行上、大きなロスは極力、泣きしましょう。

こういった課題に対しても、プロジェクト管理ツールを導入することで解消することができます。

営業担当者の目線で、意見を取入れる。

アフターコロナの業務形態の大きな変化に対応

リモートワークとリモート営業の導入をコロナ化の中で行って来ました。

会社営業担当者は、コロナが去った後に、何時ものようにリアル営業を行うつもりだったが、先方の要求でリモートでの交渉を希望されるパターンが増えるのは必須です。
リモートでお互いの意思疎通を行うのが、便利で早くて、安全、などなど

また、営業が外回りを行った後に直帰して、会社外部から営業報告をリモートで行うのも、普通の事となってきました。

WEBサイトに色々な機能を追加するのは当たり前の時代がやって来ました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる